はじめてドメイン検索・購入する時に知っておきたいこと

はじめてのドメイン購入の際に注意したい点やおすすめのドメイン業者を紹介します。

ドメインを安く購入したい

低価格でドメインを購入したいなら、以下の3つがおすすめ。

低価格で安心のドメイン検索「Doレジ」
Doレジは、ICANN認定レジストラなのが特徴。ドメイン名登録会社には、ICANN認定の「レジストラ」と「販売代理店・リセラー」があります。ファーストサーバが運営するDoレジは、レジストラであるため、言うなれば日本のドメインの管理元の1つなのです。
スタードメイン
スタードメインもICANN認定レジストラです。いろいろな付加サービスがあるのが特徴です。
お名前.com
お名前.comもICANNに認定されているレジストラです。とてもキャンペーンが上手ですが、2年目、3年目などの契約の際に、ドメイン料金が上がったりするケースもありますので、注意してください。

どのドメイン業者も、ICANN認定レジストラなのが特徴です。ICANN認定レジストラということは、ドメイン管理の大元であるので、販売代理店・リセラーに比べてドメインの価格を安く設定しやすいのです。

この辺りは、まあ一般的な情報なので、どれでもお好みで選んでいただければと思います。個人的には、Doレジが良いと思いましたので、一番上に記載しています。

効果のあるドメインを購入したい

ドメインは、そのサイトの顔となるようなもので、覚えやすいものが良いとされています。これは人間的な見地からです。

また、ドメインとwebサイトの内容が一致しているとSEOの効果があると言われています。これは、bot的な観点です。

実際にいろいろなwebサイトを見ていると、ドメインにかなり凝っていることがわかります。特に海外のサイトを見ると、人気の出るサービスほど、短くて覚えやすく、サービスの名前を連想させるドメインを使っています。

当然といえば当然の話なのですが、現在ではなかなか欲しいドメインを取得するのが難しくなりつつあります。その理由として、普通にドメイン検索しても出てこない場合が多いからです。

それらはプレミアムドメインとも呼ばれています。プレミアムドメインと言われるのは、まさにドメインに価値があるからです。

そんなプレミアムドメインを入手できるのが、
お名前.com プレミアムドメイン
です。


非常に価格は高いですが、一気にブログやECサイト、自社のホームページを伸ばしたいのであれば、検討するのはありだと思います。

個人的には、最初に紹介した、

低価格で安心のドメイン検索「Doレジ」
Doレジは、ICANN認定レジストラなのが特徴。ドメイン名登録会社には、ICANN認定の「レジストラ」と「販売代理店・リセラー」があります。ファーストサーバが運営するDoレジは、レジストラであるため、言うなれば日本のドメインの管理元の1つなのです。
スタードメイン
スタードメインもICANN認定レジストラです。いろいろな付加サービスがあるのが特徴です。
お名前.com
お名前.comもICANNに認定されているレジストラです。とてもキャンペーンが上手ですが、2年目、3年目などの契約の際に、ドメイン料金が上がったりするケースもありますので、注意してください。

で取ればよいと思いますが、Webサイトで人を集めるのは、実はかなり大変で、ノウハウが必要です。正直、お金があるなら、プレミアムドメインを普通に買うと思います。

ビジネス関連のサイトであれば、以下のページはとりあえず目を通しておくとよいでしょう。


ドメインの効果は、昔ほどSEOとしては差が出ないと言われていますが、人間が覚えやすいドメインというのは、今も昔も変わりません。そのため、企業買収がされても良いドメインはそのまま残しておくケースもありますし、そのドメイン自体をブランドにするケースもあります。一時期有名になった、機械学習のGoogle DeepMindは、もともとDeepMindという会社があり、ドメインをそのままブランドとして使っています。

それほど、良いドメインというのは効果があるのです。Web検索の勇であるGoogle社が、というかSEO対策とはイコールGoogleの検索対策となっている現在において、Google社がこのようなドメインの使い方をするのはとても参考になります。規模がかなり違う話ですが、ドメイン購入の参考として。

はじめてドメイン検索する時の注意点

はじめてドメイン検索する時には、以下の点に注意してください。

  1. 長いドメイン名は避ける
  2. 日本語ドメインにこだわらない
  3. 本当にjpのドメインでないとダメなのかを再検討する

長いドメイン名は避ける

ドメイン名をユニークなものにしようとして、長くなることがあります。しかし、長いドメイン名は入力するのが大変です。

たとえば、abc.comというドメインと、ashitagaarusa.comというドメインがあったとしましょう。abc.comというのは、あまり意味がわかりません。ashitagasarusa.comは「明日があるさ」という日本語をローマ字で表現したドメインなので、とてもユニークで覚えやすいと言えます。

しかし、いざ入力してみると、abc.comはとても入力しやすくashitagasarusa.comは結構めんどうくさいです。PCで入力するならまだしも、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで入力することを考えた場合、ashitagasarusa.comは途中で諦める可能性すらあります。

サイトにもよりますが、私が携わっているWebサイトのほとんどはモバイルからのアクセスの方が圧倒的に多いです。ですので、モバイル主体で考えて記事を作ったり、サイトを構築したりしています。本サイトはレスポンシブルになっていて、スマートフォンでもタブレットでもPCでも見れるようにしています。

さて、話を戻しますと、モバイルでアクセスする人が多いので、やはりドメイン名は短い方が圧倒的に良いでしょう。QRコードを使うからという方もいらっしゃるかもしれませんが、ドメイン名が短い方がQRコードもシンプルになるので、いろいろなところに配置できますし、追加情報を入れやすいというメリットがあります。

ドメインを販売しているサービスの中にはユニークなドメインをゲットしましょう!と煽って長いと書いているものもありますが、個人的に数々のWebサイトを運営してわかるのは、圧倒的に短い方が得だとうことです。

日本語ドメインにこだわらない

ドメイン名とWebサイトの内容が一致しているとSEO的に効果があるという話を書きました。そのため、一時期、日本語ドメインを使ったサイトがとても増えました。

しかし現在では、コンテンツの内容もかなり重要視されていますので、日本語ドメインは使わない方が良いでしょう。また、日本語ドメインの場合、アルファベット表記にするとxn-xxxxxxx.comというような感じで表現されます。これは管理する時に、非常にわかりにくいのでおすすめできません。

本当にjpのドメインでないとダメなのかを再検討する

日本でドメイン検索をする時にjpドメインにこだわっている方がたまにいらっしゃいます。昔は、日本のWebサイトをあらわすものとしてjpドメインはとても良かったのですが、今では他のドメインとそれほど区別がなくなってきています。

そもそも、アメリカのドメインは.usですが、usドメインのサイトを皆さんはどのぐらいご存知でしょうか?

IT界隈だとdel.icio.usというサイトがありましたが、2008年7月にサービス名をdelicious.comに変更しています。 つまり、usというドメイン自体アメリカではそれほど人気ではないのです。

jpドメインも同様で、最近の日本の新しいサービスでは.comや.ioなどが使われています。ですので、無理にjpにこだわる必要はないでしょう。また、jpドメインはお値段も高いので(.ioも最近高いですが。。。)、一番最初に探すのは.comがおすすめです。

目立つドメインにしたい!

これまで、.comドメインなどをおすすめしましたが、2015年現在、ドメイン名というのはそれほどSEO効果があるとは言えません。

効果はゼロではありませんが、ドメイン探しに時間をかけるよりも、コンテンツ作成に時間をかけた方が圧倒的にブログにしても、Webサイトにしても訪問者が増えます。これは、揺るぎない事実です。Google社もコンテンツキングのサイトを検索順位で上位にすることを公言しているのも、その表れです。

で、.comなどにはこだわらないけど、やっぱり目立つドメインにしたいなあというなら、

ゴンベエドメイン

がおすすめ。



ICANN公認レジストラで、1000種類からドメインを探せます。国内最大級。

特徴的なドメインの例としては、
.moe
.earth
.osaka
など、他ではなかなかないドメインが数多く存在します。正直、見ているだけでも結構楽しいので、取得するしないは別として、ドメイン検索するときには、チェックしておきたいサイトの1つです。