とにかくデータ通信費用を安くしたいならDMM mobileがおすすめ

業界最安値を宣伝しているだけあって、基本料金がとても安いのが特徴のDMM mobile

格安SIMを使うなら、まずは検討しておきたいサービスです。月額費用が格安とありますが、容量を増やすと費用もそれなりに上がっていくのですが、個人的にデータSIMでも通話SIMでも特におすすめのなのが10GBのプランです。なぜ、お得なのかについて詳しく紹介していきます。



DMM mobileの特徴

DMM mobileの良いところについてピックアップしてご紹介します。

とにかく安い、ザ格安SIM

データ通信のみのライトプランの一番安いプランで月額440円(税抜)です。税込みでも月々ワンコインで使うことができます。

DMM mobile_1

通信量に制限はありますが、サブ回線としては文句無しのコストパフォーマンスです。

また、LTEを使うプランでも、月々630円(税抜)です。ネットはあまりしないけれど、たまに使うんだよなあという人なら、アリだと思います。

ちなみに、通話SIMプランの最安値は月額1,140円(税抜)です。

DMM mobile_2

データ量を気にせず使いたいという方であれば、10GBのプランがおすすめ。というのも、10GBのデータSIMプランの価格は、2,250円なのですが、15GBになると4,570円と倍以上の値段になるからです。

DMM mobile_3

これは通話SIMプランでもそうです。DMM mobileを一番お得に使うなら、10GBが一番おすすめと言えます。これはDMM mobileのサイトにものっているので、ぜひDMM mobile データSIMプラン 10GBを確認してみてください。

機種が選べるからさらに格安

DMM mobileの格安SIMプランは、SIMだけの契約もできますし、スマホと組み合わせて契約することもできます。機種がいろいろとあり、値段もかなり違うので、個人的にはスマホとの組み合わせもアリかなと。

一番安いスマホだと月額576円(税込)で買えます。これに基本料金がプラスされるのですが、基本料金も安いので、かなり月額料金を抑えることができそうです。

DMM mobile_4

実際に先ほどおすすめと書いた10GBのプランで、高速データ通信をして、一番安いスマホの契約だと、月額3,526円です。これに通話料が入ってきますが、SkypeやLINEの通話を使えばかなり通話料は抑えられます。私の場合、月々8,000円ほど払っているので、半額以下になります。年間で5万円近くの節約になり、格安SIMさまさまという感じ。

料金シミュレーションがおすすめ

DMM mobileの格安SIMのサイトは情報量が多くて、最初わかりにくいです。本当に安くなるのか?という疑問が(笑)

ですので、DMM mobileのサイトに飛んだら、さらっと読みつつ一番下の料金シミュレーションまで行きましょう。

DMM mobile_5

先ほど紹介した値段も、この料金シミュレーションで出したものです。すごくわかりやすいので、他のサービスと比較する際にも使えると思います。



DMM mobileまとめ

格安SIMに乗り換えるなら、DMM mobileはとりあえず抑えておきたいサービスの1つですね。個人的にも端末を別に購入することも考えて、格安SIMの契約を考えたいと思います。

正直言えば、安いというのは圧倒的なメリットだなあと調べてみて感じました。また、DMM mobileはIIJのSIMでもあるので、SIM自体の信頼性も高いです。